歯医者

外を歩いているとコンビニなどよくある施設が何度か目に入りますが、歯科医院って意外と多く見かけませんか?数ある歯科医院の中から通院する場所を選ぶとき、ただ立地条件が良いというだけで選んでいると損をするかもしれません。 自分の歯に対する悩みや歯科医院のサービス内容など様々な要因があるので、選ぶ基準を考えてみましょう。

最新のジルコニア製インプラントを知る

昨今、歯科治療の世界では、ジルコニアという素材が注目されています。
この素材はとても安定性に優れた特性を備えており、インプラント等の歯科治療の最前線で用いられることが多くなっているわけです。
そもそもジルコニアとは模造ダイヤモンドの一種で、セラミック製の包丁などにも使われています。
この物質はチタンのように強度が高く、従来の被せものである金属やセラミックをはるかにしのぐと言われているわけです。
金属は経年によって溶け出すことがあり、それが歯茎を変色させることがあります。
一般的なセラミックの場合は強度が足りないので、強く噛み合わせることが出来ません。
それに対してジルコニアはセラミックの中でも群を抜いた強度を持っており、白い透明感もある理想の素材なわけです。
また、金属アレルギーを心配する必要もありません。

従来のセラミック素材は、結合力が人工ダイアモンドやチタンのように高くないので、奥歯を噛み合わせた際に欠けたりするケースが少なくありません。
一方、ジルコニアの場合は白い金属と称されるほど、高い強度があります。
それ故、奥歯に用いても充分な耐久性を保つわけです。
従来のセラミックをインプラントやブリッジの土台にすることがありますが、金属で補強する必要がありました。
それに対して、ジルコニアであれば単独素材で充分対応できるわけです。
また、従来の金属の被せモノでは、周囲との色の違いは一目瞭然でした。
奥歯であっても口を開けば目立つので、コンプレックスの要因になりかねないと言えます。
その点、ジルコニアは白色の素材であり、他の歯ともよく馴染みます。
加えて透明感もあるので、本物の歯に近い質感が得られるわけです。

口腔内は歯にとって過酷な環境で、熱湯に近い飲料をはじめ、酸性やアルカリ性の食品や飲み物、その他様々な刺激物が入ってきます。
これらは人工の被せモノや詰め物にとて、大敵になっています。
そして従来のセラミックでは経年変化を起こし、色や質が変化することになります。
艶も周りの歯と異なってくるので、日頃のケアが高額になります。
一方人工ダイアモンドのジルコニアは非常に安定した素材なので、厳しい環境の中でも、長期間にわたって機能や質感が変化しません。
何よりも相当に高い強度を有しているので、治療に使える範囲が広いのが魅力です。
クラウンと称される被せモノをはじめ、インレーと称される詰め物、そしてブリッジやインプラントの土台として使えるわけです。