歯医者

外を歩いているとコンビニなどよくある施設が何度か目に入りますが、歯科医院って意外と多く見かけませんか?数ある歯科医院の中から通院する場所を選ぶとき、ただ立地条件が良いというだけで選んでいると損をするかもしれません。 自分の歯に対する悩みや歯科医院のサービス内容など様々な要因があるので、選ぶ基準を考えてみましょう。

インビザラインというマウスピース型矯正

歯科の中でも、歯並び治療を専門とする診療が矯正歯科です。
矯正治療で一般的なのは、金属で作られた器具を歯の表面に装着し、ワイヤーに力をかけて徐々に歯を動かしていく方法です。
しかし、近年では様々な矯正方法が存在し、特に矯正歯科では患者の要望や生活スタイルに合わせて方法を選ぶことができます。

インビザラインも歯並びを矯正する治療法の一つです。
オーダーメイドで製作した薄く透明感のあるマウスピースを装着し、歯並びを美しく整えていきます。
インビザラインには多くのメリットがありますが、透明で目立ちにくいのは大人になってから歯を矯正したい場合に便利です。
使用するマウスピースは透明で薄いので、よほど近くで見ない限り矯正治療中だと見た目で判別することができません。
金属の器具を装着する場合と比べ目立たないので、営業や接客など歯の見た目が影響を及ぼす仕事に就いている人にもおすすめです。
インビザラインは最新技術を用いた矯正治療で、最初に3D画像によるシミュレーションを行い治療計画を立てます。
段階によって歯を動かしていくかを最初に決定し、マウスピースは段階ごとに作成する流れです。
そのため、矯正の段階に合わせて歯科に通い、何回も歯型をとる必要がありません。
歯科医院ごとに異なりますが、一般的に1ヶ月から3ヶ月に1回程度の通院となります。

矯正治療は、歯並び全体を治療したい時もあれば、前歯だけのように気になる部位だけを治したい場合があります。
インビザラインは柔軟性に優れた治療法なので、上顎や下顎の歯を全体的に整えることから、前歯だけといった数本の歯にも対応可能です。
大きく歯を動かす必要がない、軽度の矯正ならば治療を終えるまでの期間も短くすることもできます。
歯に力を加えて動かしていく治療方法は、装着した時に違和感や不快感、痛みなどを覚えることも少なくありません。
インビザラインもマウスピースによって締め付けるように歯を矯正していく方法ですので、装着しはじめは違和感があることもありますが、慣れてくると気にならなくなります。
また、インビザラインは従来の矯正方法と違い、脱着可能な作りです。
矯正器具を装着する方法は、歯と矯正器具の間に食事のカスなどが溜まりやすく、虫歯になりやすいデメリットがありました。
しかし、インビザラインはマウスピース型なので、食事や歯磨きの際に取り外しておけば、口腔内を清潔に保つことができます。